> キャッシングは返済シュミレーションを使って計画的に

キャッシングは返済シュミレーションを使って計画的に

キャッシングを利用するときには、自分できちんと返済シュミレーションを
立てておく必要があります。

キャッシングの返済方式は、残高スライドリボルビング方式といって、
借入残高に応じて毎月の約定返済額が決められます。
そして、その返済を履行している間は、利用限度額の範囲内でいつでもいくらでも、
追加借り入れや繰り上げ返済ができるというシステムになっています。
そのため、繰り上げ返済をして利息を安く抑えようとすることもできますが、
追加借り入れが自由になることの方にばかり目が行って、
キャッシングの利用限度額いっぱいまで借り入れをしてしまう
という人が少なくありません。

これでは、約定返済額がどんどん膨らんでいき、
いずれ返済ができなくなるであろうことは見えています。
そのため、キャッシングを利用するときには、最低金額の借り入れだけに
とどめておくとともに、毎月どれくらいの返済額になるかということに
ついても常時確認しておかなければなりません。

返済金額と期間をシミュレーションで把握する

キャッシングの返済金額については、サイトを見ると借り入れ残高と
約定返済額が記されていますし、業者によっては返済シュミレーションで
簡単にわかるようなところもあります。

返済シュミレーションは、借入金額を入力するだけで
毎月の返済額がわかるというもので、キャッシングを利用していない人でも
使うことができますので、これから借り入れをする予定がある場合などに
おおよその金額を知るために使ってみるのもよいでしょう。

基本的には、毎月指定した口座からの自動引き落としになりますので、
自分で金額を毎回調べる必要はありませんが、引き落としができるように
残高をある程度用意しておくことは忘れないようにしましょう。
支払いを滞納すると、利息よりもさらに高利の遅延損害金が付きますので、
返済がいよいよ困難になってしまいます。

上手に利用すると、提携先のatmは多いですし融資スピードも速いので、
非常に使い勝手が良いです。

借入について

時期によるカードローンの使い道